アルツハイマー型認知症とは??

アルツハイマー型認知症は、脳に特殊なたんぱく質が溜まり、神経細胞が破壊されて減っていくことで脳全体が委縮していき脳の機能が失われていきます。

脳

アルツハイマー型認知症の症状には記憶障害、判断能力の低下、見当識障害などがあります。

認知症の一部には家族に遺伝する認知症もありますので、家族や親族にアルツハイマー病を患っている人がいた場合には自分も発症する確率があるので早期発見、治療を心がけることが大切です。

本人は基本的に気づくことは難しいので、家族や周囲の人が気付いたら病院に連れて行くようにしましょう。

早期に治療を始めれば薬などにより進行を遅らせることが可能です。

 

日頃から予防をする事も忘れてはなりません。

正しい生活習慣をすることは予防につながるとされています。

高血圧や高脂血症、高血糖、喫煙、飲酒、運動不足、睡眠不足、ストレスなどは発症リスクを高めると言われています。

アルツハイマー型認知症以外でもこのような状態では多くの病気を発生させる恐れがあるので生活習慣を正すことは大切です。

 

青魚などは認知症発症リスクを下げる効果もあるので積極的に食べたいものと言えます。

 

高齢になるとアルツハイマー型認知症以外に病気とは違う認知症、老化により脳の機能が低下しているだけの場合もあります。

予防や改善をする上で脳トレは大切です。

料理をすることは意外に脳トレとして役立ちます。

冷蔵庫にあるものから何を作ろうかと考えることが良いとされています。

昔のことを思い出させるながら会話をしてりすることも良い方法の一つです。

テレビゲームなども指を動かしたりするので脳トレとして効果が十分期待できます。

 

コメントは受け付けていません。