認知症って食べ物にも影響が有るらしい

肉

認知症を促進する食べ物は肉類やお菓子などが中心で、肉類の中でも脂肪が豊富な豚肉や牛肉などを中心に食べ続けると年齢を重ねてから認知症になるリスクが上がります。

お菓子などの糖類が多く含まれた食べ物を日常的に摂取したり、糖類が豊富に含まれる炭酸飲料を積極的に摂取すると肥満になりやすいですが、肥満になる人の中で食生活が乱れている人ほど症状の原因となるアミロイドという物質が蓄積されるので、中年の時から認知症に掛かる事も多いです。

 

一方で野菜や魚類には血液の循環を良くする効果があって、豊富な栄養分をバランスよく取り入れる事でアミロイドという物質を蓄積しない傾向です。

 

間食をしないで余分なエネルギーを取得しないで、健康的な運動を心掛ける習慣を身に付けるなどの対策で認知症に掛かりにくい体を作り上げる事が大切です。

 

肥満である事を実感したり、食生活が乱れている事を感じた場合は肉よりも野菜や魚を中心とした食生活に切り替える事が認知症を予防する行動として望ましいです。

 

筋肉を鍛える為の運動を心掛けると認知症の予防に繋がるので、筋肉を作る源になるタンパク質を摂取する場合、肉類を摂取する時には出来るだけ脂肪分の少ない鶏肉やレバーなどの健康的な肉類を適度に摂取する事が大切です。

食事を行う場合は腹八分を意識しながら時間を掛けて食べて、健康的な栄養分が多く含まれている食材を選びながら料理を行ったり、消化の良い食べ物を積極的に取り入れる事が望ましいです。

 

コメントは受け付けていません。