認知症にならないための睡眠方法とは?

認知症と聞くと他人事のように感じられるかもしれませんが、実は誰にでも起こり得る病です。

そこで予防を心がけることが大切ですが、昨今では睡眠を活用した予防法が注目を集めています。

睡眠

人間が眠っている間には記憶の整理という重要な作業が行われています。

その作業中は脳内から老廃物が排出されます。

これで自分の記憶や思考をスッキリさせてくれるので、新しいことを覚えることが出来ます。

しかし、それは睡眠効率に大きな影響を受けており、眠りの効率が悪いと記憶の整理が上手くいかず、物忘れや将来的な認知症の原因ともなります。

 

裏を返せば、効率の良い眠りを実現することで認知症予防に繋がります。

効率の良い睡眠を実現するポイントとしては安定した睡眠時間の確保、寝る直前からの準備、有効な昼寝の活用などが挙げられます。

睡眠時間は平日と休日のいずれであってもあまり差をつけず、いつもの同じくらいの時間を確保することが大切です。

 

加えて寝る直前には心身共に睡眠への準備をしておくと効果的です。

具体的には、視覚への刺激を抑えることや夜中の飲食を避けることが挙げられます。

昼寝は日中の疲労を取るだけでなく、睡眠のサイクルを乱さずに眠りを補うために有効です。

ただ、あくまで昼寝をしすぎると夜に眠れなくなってしまう恐れがあるため、昼寝はあくまで20分前後に留めておきましょう。

朝起きた時に陽の光を浴びると体内時計が調整されるので、可能な限り規則正しい生活を送ることも大切です。

コメントは受け付けていません。