認知症のサプリメントについて

オメガ3脂肪酸が効果的です。

認知症になる確率を減らす効果のあるサプリメントの選び方ですが、一つ目は亜麻仁油、エゴマなどに多く含まれているα-リノレン酸や、青魚などに多く含まれているDHA・EPAなどのオメガ3脂肪酸が配合されているものを選ぶと良いでしょう。

これらの脂肪酸は血液の中のコレステロール値や中性脂肪をコントロースするはたらきを持っていて、血液がさらさらになるという効果も期待することが出来ます。

血液

血液がさらさらになるということは、動脈硬化の予防にもつながり、脳に流れる血液の量を増やすことで認知症の予防効果も期待することが可能なのです。

 

次はフェルラ酸です。

米ぬかから抽出することの出来るフェルラ酸と、ガーデンアンゼリカというハーブ成分で作られています。

フェルラ酸はアルツハイマー型認知症の原因となるといわれているβアミロイドタンパクの脳内への蓄積を防ぐ効果があると言われています。

ガーデンゼリカは脳の神経細胞がつながっているニューロンを構築する作用もあると言われています。

 

3つ目はグリシンです。

グリシンとは体内にも存在している非必須アミノ酸になります。

グリシンが入っているサプリメントにはぐっすりと眠ることの出来る作用があるともいわれ、精神的な安定のために期待することが出来ます。

睡眠障害の人は認知症になるリスクが高いことがわかっているので、グリシンを摂取することで認知症を予防することに繋がるといわれています。

 

認知症予防に効果的なサプリメントはこちらのサイトが参考になるでしょう。

>>http://認知症予防サプリメント.com/

 

サプリメントだけを飲んでいれば認知症にならないというわけではありませんが、予防のひとつとして日常生活に取り入れていきましょう。

コメントは受け付けていません。