認知症サポートを行うかかりつけ医

元気な頃から通っているかかりつけ医なら、体の状態だけでなく、意志疎通の状態なども診て貰えるので助かります。

医者

医者の場合、自分の専門分野を得意とされていますが、万が一、専門分野以外の初期症状などの異常が見つかった場合は、即座に他の病院へ紹介状を書いてくれたり、異常について教えてくれます。

 

認知症など、単なる物忘れなのかどうかが判断がつかないような病気でも、医者の診察によって早期発見されることがあります。

 

ある程度の年齢になったら、自分の体と脳が自由が効かなくなったことを想定して、認知症サポートを行うかかりつけ医を見つけておくことで、認知症を患ったとしても、その後のサポートにより、進行を遅らせる事に繋がります。

症状に合わせた薬を処方してくれたり、また、ある程度の年齢になっていれば、病気や怪我はつきものです。

からなず、何かしらの薬には頼っていることでしょう。

薬によっては、一緒に飲んではいけない物もありますが、しっかりと診てくれる医者に薬の相談をすることも出来ます。

介護をしない家族としても、普段から診てくれている医者に診てもらうことで、安心出来ます。

 

また、通いやすい場所に見つけることも大切です。

やはり、一人で行くことが困難になった場合は、誰かが連れていかなければなりません。

交通の便が悪ければ、タクシーを使うことにもなります。

そういった交通費も馬鹿になりません。

 

より良いサポートを受けられる為にも、かかりつけ医の存在は大切です。

 

コメントは受け付けていません。